このブログを検索

2016年3月26日土曜日

暑さにうだりながら


インド、ヒマチャル・プラデシュ、サングラにて撮影

note.mu 掲載のものと同一の内容です。

 ------ 

どこまでも遠くに行きたいと思った
どこにも行かなくていいと思った
ぼくの心はいつもふらふら
きみを想っていつもゆらゆら 

きみとならどこまでも行けると
あのとき確かに思った
なのにここらが限界とあきらめて
いつもきみから逃げ出そうとしている 

スピティ渓谷の奥深くまで踏み入って
ヒマラヤの雪を眺めながらチベット僧の勤行に
この身を震わせたい 

道も通らぬアマゾンの森で狩猟採集の暮らしを
続ける人たちと嗅ぎ薬を吹き込み合いながら
永遠の夢を見てみたい 

けれどぼくはこうしてタイの安宿で暑さに
うだりながらきみの帰りを待っている

 今はここで自分の力を蓄える
時間が必要なんだ

どこかに行ったからといって幸せが
待っているわけでもないだろう? 

幸せはこの瞬間にその心の中に自分の手で
作り出すしかないものじゃないか

きみが戻れば日々のいさかいが
また繰り返される 
それに負けずにぼくはふらふら行くさ
ゆらゆら揺れるきみの心を大事にしてさ

 [気が向いたらこちらもどうぞ]
 おかあさん、いつもありがとう (2015/01/21)
 神さまが見ている (2014/10/06)
 ぼくらはほんとうに ひとりぼっちだけれど (2015/01/06)

0 件のコメント: