このブログを検索

2016年10月21日金曜日

お見事!イケダハヤト氏の必殺「炎上商法」カウンターパンチ


東京を脱出して高知県で田舎暮らしをしている有名ブロガー、イケダハヤト氏はご存知でしょうか。

イケダ氏が、「疑似科学商法」としてネット上で叩かれる、ホメオパシーについての記事で見せてくれた「炎上商法」が、あまりにも見事なので、今日はその紹介をさせていただきます。

「炎上」というのは、ネット上で多くの人の「気に触る」ことを書いたために、批判が殺到する状態のことですが、これをわざと起こすことで周知度を上げ、読者を増やすのが「炎上商法」です。

今回のイケダ氏の「炎上芸」は、ひとつめの「誘い」の記事と、それに続く決めの「カウンターパンチ」の二段階になっていることが特徴です。

  *  *  *

「誘い」の記事の題名は、[【ホメオパシー】ムカデや蜂に刺されたときは「エイピス」を飲むと治るらしい。]というものです。

これは次のようなストーリーで、「効き目の分からない商品」を上手に宣伝するものとなっています。

1. まず、イケダ氏は、「ホメオパシーって怪しい」、「個人的にはあんまり信用してません」と書きます。

2. それなのに、自分の知人二人を含め、Twitter からの複数の発言を紹介しながら、「ホメオパシーのエイピスというレメディ(薬のようなもの、実態は無害なアメ玉)は「効くんだろうなぁ」と述べます。

3. その上で、自分は使ったことがないし、なぜ効くのかは「よくわからない」が「値段はリーズナブルなので、田舎暮らししている方はいざという時に『お試しあれ』」として、エイピスという商品を売るアフィリエイトのリンクを紹介しています。

新聞で見かける「健康食品」の広告をひとひねりした感があり、これだけでも、イケダ氏はじゅうぶん優秀なコピーライターだと思います。

けれども、ここで疑問が生じます。

イケダ氏のブログの読者層は、都会に住んで田舎暮らしにあこがれているタイプの人ではないかと思われます。

蜂やムカデの毒に効くかもしれない 30粒 540円の商品の宣伝をして、いったいどれだけの手数料収入が見込めるでしょうか?

  *  *  *

結論から言うと、一つ目の記事は炎上を目的としたただの誘い記事にすぎません。

そして実際に、ネット上の「正義派」の人が集まってきて、「ホメオパシーのような、疑似科学の詐欺まがい商品をネット上で宣伝するのはけしからん」とやってくれたわけですから、イケダハヤト氏の狙いは大成功です。

  *  *  *

そして、決めの「カウンターパンチ」ですが、こちらは、[ネット民はホメオパシーに親でも殺されたの?イケダハヤトの代替医療に対するスタンス。]と題されています。

おそらくイケダ氏は、「ホメオパシーで死亡事件が起きている」と主張する人がいることを知った上で、「親でも殺された」という刺激的な言い回しを使ったものと思われます。

また、ひとつめの記事が炎上を呼ぶことはよく分かっているはずなのに、ふたつめの記事の冒頭では、「どうも(ひとつめの記事に)反応している人たちがいるみたいです」としれっと書いてます。さすがですね。

そのうえで、「ホメオパシーにせよEMにせよ民間療法にせよ西洋医学にせよ、興味ある人が自分で試してみてそれなりに効果があるなら、それでいいんじゃないっすか?」と述べています。これも正論です。

そして、「反応」して勝手に炎上している人は、自分のところの読者ではないから、「しっし。お山に還って!」と軽くいなして終わりです。

  *  *  *

と、ここまでで、記事の内容自体は終わっているのですが、この記事はあくまで商品を売り込むためのアフィリエイト記事ですから、以上の「楽しい」ストーリーのあとに、さらりと一冊の本を紹介しています。

紹介と行っても、本についての説明は
「ちなみに、この本はおすすめですよ。目からウロコの話がたくさん」
というだけで、具体的な中身については何も触れていません。

本を売るのに内容の説明はいらない、というわけです。

紹介されているのは『「病は気から」を科学する』という本で、ホメオパシーにも関心があり、ロハスでナチュラル志向のイケダ氏のファンの人たちが、かなりたくさんこの本を買ってくれるのではないでしょうか。

うまいですよねぇ。ホントにうまい。

  *  *  *

というわけで、ぼくが書いているこの記事も、アフィリエイト記事のはしくれですので、最後に商品紹介をして終わりにしたいと思います。

こちらがイケダハヤト氏おすすめ、目からウロコが落ちること請け合いの本です。
ムカデに刺されたときも効くらしいですよ。

[『 「病は気から」を科学する』ジョー・マーチャント (講談社 2016)]

上のリンクからアマゾンへ跳び、お好きな商品を買ってくださると、購入代金の数%がこの記事の書き手の手数料収入となります。

この記事をおもしろがっていただけた場合、そうしていただけると、たいへん励みになりますので、どうかよろしくお願いしまーす。

今日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
では、またっ。

------------------------------

☆こちらもどうぞ

[イケダハヤト氏が「お試しあれ」と言ったホメオパシー半可通講座]

[ホメオパシーに関連して日本のジャーナリズムの問題とカルト的思考、そして三宅洋平]

[三宅洋平氏の「危うさ」とイケダハヤト氏の「バランス感覚」]

[惜しい! イケダハヤト氏の「三宅洋平不支持」発言]

[内海聡医師は「差別主義者」でも「親学」でもないが「困った」人物である]

------------------------------

0 件のコメント: